成人式

渡邊朱倫
2021 年 1 月 10 日

年始に一度岡山の下宿に戻っていたと記憶している。

成人式の前日、再び福山の自宅に帰るのに吉備線や井原鉄道に乗った。普段は山陽本線で往来するが、1 月 11 日は井原鉄道の開業記念日で全線 100 円で乗れるのである。(2021 年は「コロナ禍」の影響で中止)

果たしてその日の井原鉄道は超満員だった。東京の通勤列車が好い比較対象だろうか。150 円引き如きで普段来ない𠮷野家に来る「にわか」を笑えない。

緑町の「ローズアリーナ」が成人式の会場だった。緑の敷物の上に折り畳み椅子が並び、我々新成人が座る具合だ。

市長の激励や新成人代表の宣誓は聴いた。流石に内容は憶えていない。「矢印」なるバンドのミニライヴもあったが、私の音楽嗜好と到底相容れるものではないことは予め知っていたのでそそくさと建屋を去った。

餓鬼を抱えている新成人も見かけた。小学校で私をいじめたカープファンのような気がした。

私は「近畿大学付属福山高等学校・中学校」を「 4 年生」で中退したが故「母校」と呼ぶのは躊躇いがあるが、緑町公園のプロムナードで同輩に早速見つかった。男子も女子も気さくに挨拶してくれたことにどう感謝してよいか分からない。割と仲が良かった S という女子は D 大学に入学していた。彼女とは最も睦まじく会話を交わした心算だったが、後に私は振られたらしい。

同輩等には、集合写真の撮影を任された。自分のカメラには写真を納めていない。呑み会の類にも往っていない。

岡山で少しばかり MSN を見た。どこの地方だか知らないが、成人式への道で自動車で右側通行をした奴がいたようだ。「世代」を悪く言われるのは甚だ苦痛だから、記事名以外無視した。

今も中高の同輩の顔が懐かしいが、「世代」は意識したくない。

2021 渡邊朱倫