笠岡

渡邊朱倫
2020 年 12 月 2 日撮影
2020 年 1 月 17 日編集

笠岡市街地

笠岡駅駅名標
「サン・エトワール」というパン屋。「聖なる星」の意味なら「サント・エトワール」(Sainte Étoile)になる筈だが……
坂本の鶏そば
「隅田川」という名前の川。東京だけではないのだ。
笠岡市議会堂

白雲大社

古乃美教は堀泰一朗が 1935 年に開教した宗教。出雲大社と同じく大国主命を拝する。

境内入口
鳥居
白雲大社の手水鉢。COVID‐19 対策で柄杓が無く、滴る水で直接手を浄める方式だった。紅葉が可愛らしい。
キッチュな絵馬

笠神社

応神天皇、天照皇大神を祀る神社。謂れは鎌倉時代まで遡る。

笠神社本殿
謝恩記念碑。ここの神官も世襲らしい。
笠神社の手水鉢。こちらは相変わらず柄杓。

白雲大社、笠神社の他にも多数の社寺、本願寺系の高校、天理教や金光教の教会等があり、笠岡市街地東側は宗教のサラダボウルの様相を呈している。

外部リンク

2021 渡邊朱倫